資産運用 asset management 金融 finance

【運用】ステップ4:金融機関選定についてまとめてみた!

資産運用 asset management
ステップ項目
ステップ
1
いくら運用しますか?ファイナンシャル
プランニング
ステップ
2
どのように運用しますか?投資戦略
ステップ
3
だれが運用しますか?商品選定
ステップ
4
どこで運用しますか?金融機関選定←本ブログは
ここ!!

方針マネーセンスカレッジのチーム7%、アセットアロケーション運用・全世界投資を楽天経済圏も利用して実践していく。

管理人は、マネーセンスカレッジのチーム7パーセントの有料会員であり、そこでは金融機関はSBI証券、非課税口座は一般NISAが推奨されています。

一方、管理人はポイント活動も行っており、楽天経済圏を利用することで多くのポイントを獲得できることに気づきました。

こちらの記事では、金融機関・口座選定の基準を紹介しながら、チーム7%からの投資利益と、楽天経済圏からのポイント利益のどちらも目指します。

結論「基本は楽天証券、指定銘柄ⅠはSBI証券も利用すべし。」

楽天証券(NISA/特定)SBI証券(特定)
積立投資
(NISA枠あり)
こっち!
積立投資
(NISA枠なし)
月50,000円以下分と
指定銘柄Ⅱ~Ⅳはこっち!
月50,000円越分の
指定銘柄Ⅰはこっち!
一括投資
(NISA枠あり)
こっち!
一括投資
(NISA枠なし)
指定銘柄Ⅱ~Ⅳはこっち!指定銘柄Ⅰはこっち!

基本利用は購入ポイントの付与がある楽天証券とします。NISA枠がある場合は、積立資金も一括資金も楽天証券でよいです。NISA枠がない場合、月最大50,000円分と指定銘柄Ⅱ~Ⅳを楽天証券で、超える分の指定銘柄Ⅰに関しては、楽天証券での購入ポイントが付与されず、SBI証券の保有ポイント付与率の方が高いので、SBI証券で購入します。

結局は「SBI証券vs楽天証券」になる。 

選定基準1:投資信託の取扱ファンドが充実している。

結論優良ファンドの取扱いが多い証券会社がおすすめ。
銀行、信用金庫、信用組合は「ぼったくり」が多いので注意!!

各アセットにおいて、ファンドの選定基準は、名目/実質信託報酬が低い、マザーファンド純資産額が高い、信託財産留保額がない、決算を終えている、です。金融機関の選定については、これらのファンドを取り揃えていることが重要な条件になります。

選定基準2:投資信託を少額で購入ができる。

結論チーム7%戦略が2,000円単位でできる100円積立対応のところがおすすめ。

証券会社ではSBI証券、楽天証券、マネックス証券、GMOクリック証券、松井証券、岡三オンライン証券、auカブコム証券の7社のみ。

投資信託を少額で積立投資できる証券会社は限られています。

チーム7%の全世界投資・アセットアロケーション運用は8つアセットに投資していて、そのバランスは5%刻みで調整されています。

毎月の積立額が多いのであれば最少積立金額は問題にはならないでしょうが、例えば、1投資信託=1,000円であれば、最低積立金額は1,000円÷5%=20,000円ですので、始めるハードルが高く、またこの後紹介するポイントについてのメリットを享受するのが難しいでしょう。

もし1投資信託=100円であれば1ヶ月の最低積立金額は2,000円となりますので、より柔軟に積立できるのは毎月100円/1投資信託から積立できる証券会社ということになります。

また、メリットは一般の投資信託にのみ適用されますので、ETFを購入する際にはこの機会損失リスクを加味する必要があります。

Money Sence College 少額投資関連Youtube動画一覧

選定基準3:キャッシュポジションを預金口座に自動保管できる。

結論自動入出金(スイープ)サービスが使えるところがおすすめ。
対応している証券会社はSBI証券、楽天証券、auカブコム証券の3証券会社のみです。

チーム7%では、リーマンショックやコロナショックのように全世界的に金融不安に陥ったときなど、投資資金全体の安全性が脅かされたときに、投資資金を一時的に安全資産に退避させて危機回避を行います。こうした危機回避をした資金をプールしておく場所があると便利です。

危機回避をした資金(キャッシュポジション)の保管場所になるものは、MRF、銀行預金、預り金があります。しかし、MRFや預り金は元本保護はありませんので、同一金融機関で1,000万円までの元本保護がある銀行預金、さらに証券会社と提携銀行の間にスイープサービス(自動入出金)があると資金の入出金が容易にできます。

SBI証券―住信SBIネット銀行

SBIネット銀行では、SBIハイブリッド預金という口座をつくることができます。これはSBIネット銀行の普通預金口座とは別の隔離された口座で、SBI証券とスイープができます。
危機回避をした資金、ボーナスや保険金による一括資金、こうしたキャッシュポジションは、すぐ近くにあるとどうしても使いたいという誘惑がでてきます。投資が続かない原因の筆頭に上がってくるものですので、こうしたお金は物理的に隔離しておきます。
「SBI証券―SBIネット銀行」の場合はこうした考えを自動できます。給与口座⇒SBI証券は自動引落しサービスで、SBI証券⇔SBIハイブリッド預金はスイープで、という流れです。続けやすさを重視するならSBI証券がおすすめです。ただし、以降で説明する「楽天証券―楽天銀行」のポイントサービスや預金金利は逃すこととなります。

楽天証券―楽天銀行

また、「楽天証券―楽天銀行」でスイープの設定をすることをマネーブリッジというが、これをしておくことで楽天銀行の普通預金金利が0.1%になる。生活資金口座なら毎月何十万とお金が預けられているだろうから、楽天銀行にしておけばメガバンク等に比べれば高金利をもらえる。しかし、そうしたときには「SBI証券―SBIネット銀行」のようにキャッシュポジションを隔離管理ができないため、別の金融機関を用意する必要がある。おすすめは普通預金金利0.2%でゆうちょ銀行ATMなら利用時間内入出金手数料無料のあおぞら銀行バンク支店。

auカブコム証券―auじぶん銀行

「auカブコム証券―auじぶん銀行」もauマネーコネクトと呼ばれる、上記同様の自動入出金(スイープ)が可能です。auじぶん銀行の普通預金金利が0.1%になります。詳細はこちらの公式サイトから。

SBI証券と楽天証券は使い分けるのがベスト!

SBI証券楽天証券
選定基準1-1
:購入時ポイント

※0.5%

※1.0%
選定基準1-2
:保有時ポイント

※0.050%(指定銘柄Ⅰ)

※0.048%(全銘柄)
選定基準2-1
:積立設定

※毎日設定

※複数日設定
選定基準2-2
:取崩設定

※隔月定額取崩し

※毎月定率取崩し

選定基準1:ポイント

結論購入は楽天証券+マネックス証券、保有はSBI証券、とするとよさそうです。

Money Sence College ポイント投資関連Youtube動画一覧

保有時ポイント制度

結論SBI証券一択

https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=service&dir=service&file=home_fundmileage.html
ハッピープログラム:楽天証券
楽天証券でお取引いただくと、楽天グループでご利用いただける楽天ポイントが貯まります。また、楽天証券のお取引で、楽天銀行ハッピープログラムの取引件数が獲得でき、会員ステージがあがります。会員ステージに応じて、楽天銀行でのさまざまな特典が受けられます。

SBI証券と楽天証券はともに、投資信託を持っておくだけでポイントが貯まる制度をもっています。

主要ノーロードの投資信託の月間平均保有金額に対して、SBI証券は1円単位0.01~0.2%のTポイント、楽天証券は10万円単位0.048%の楽天ポイント、マネックス証券は1円単位0.03%のマネックスポイントの還元です。

また、三菱UFJ銀行は0.01%、auカブコム証券、松井証券、新生銀行は0.0%と低率のため割愛します。

資産区分ブランド名SBI証券
投信マイレージ
楽天証券
ハッピープログラム
マネックス証券
マネックスポイント
日本国債券eMAXIS Slim0.0500%0.0480%0.0300%
たわらノーロード0.0500%0.0480%0.0300%
ニッセイ
<購入・換金手数料なし>
0.0500%0.0480%0.0300%
PayPay投信---
先進国債券eMAXIS Slim0.0500%0.0480%0.0300%
たわらノーロード0.0500%0.0480%0.0300%
ニッセイ
<購入・換金手数料なし>
0.0500%0.0480%0.0300%
PayPay投信---
新興国債券iFree0.0500%0.0480%0.0300%
日本国株式eMAXIS Slim0.0500%0.0480%0.0300%
たわらノーロード0.0500%0.0480%0.0300%
ニッセイ
<購入・換金手数料なし>
0.0500%0.0480%0.0300%
PayPay投信0.0500%--
先進国株式eMAXIS Slim0.0401%0.0480%0.0300%
たわらノーロード0.0500%0.0480%0.0300%
ニッセイ
<購入・換金手数料なし>
0.0420%0.0480%0.0300%
PayPay投信---
新興国株式eMAXIS Slim0.0500%0.0480%0.0300%
たわらノーロード0.1000%0.0480%0.0300%
ニッセイ
<購入・換金手数料なし>
0.0500%0.0480%0.0300%
PayPay投信---
国内リートeMAXIS Slim0.0500%0.0480%0.0300%
たわらノーロード0.0500%0.0480%0.0300%
ニッセイ
<購入・換金手数料なし>
0.0500%0.0480%0.0300%
PayPay投信0.0500%0.0480%0.0300%
国外リートeMAXIS Slim0.0500%0.0480%0.0300%
たわらノーロード0.0500%0.0480%0.0300%
ニッセイ
<購入・換金手数料なし>
0.0500%0.0480%0.0300%
PayPay投信---
備考還元単位月間平均保有金額
1円
月間平均保有金額
10万円
月間平均保有金額
1円
還元ポイントTポイント楽天ポイントマネックスポイント

購入時ポイント制度

結論楽天証券とマネックス証券の併用がおすすめ

2021年現在投資信託をクレジットカードで購入できる証券会社は、楽天証券、SBI証券、マネックス証券、tsumiki証券、野村証券/他です。

この項目で触れていることからも、クレジットカード決済の一番のメリットはポイント還元です。

tsumiki証券→ゴールドカード、高額利用、アクティブ運用の条件に当てはまるなら、高いポイント還元率が得られるおすすめ証券会社といえます。また、ゴールドカードにするためのインビテーション狙いや、年間50万円や100万円利用によって獲得出来るポイントのために不足額を補う狙いで使うのもよいでしょう。

楽天証券→ポイント還元のための条件は特になく、選べる投資信託も種類多く、低コストのものもそろっているため、投資信託を購入する全ての人におすすめできます。tsumiki証券利用者も併用でさらにお得になります。

マネックス証券他→tsumiki証券や楽天証券のカード決済限度額を超えるようならば検討です。楽天証券と同様に、選べる投資信託も種類多く、低コストのものもそろっているのも魅力です。

ただし、証券会社によっては投資信託の保有額に応じてポイントを付与する制度もありますので、それも加味して判断する必要があります。

また、以下の法令上で月10万円までに制限されており、各社上限の5万円ならば、証券会社2社の併用、とりわけ還元率の高い楽天証券とマネックス証券がおすすめです。

(金融商品取引業者における信用の供与を条件とした有価証券の売買の受託等の禁止の例外)

第148条 法第44条の2第1項第1号に規定する内閣府令で定めるものは、信用の供与をすることを条件として有価証券の売買の受託等をする行為のうち、次に掲げる要件の全てを満たすものとする。

 同一人に対する信用の供与が十万円を超えることとならないこと。

金融商品取引業等に関する内閣府令

比較表

証券会社楽天証券SBI証券マネックス証券tsumiki証券野村証券/他
使用可能カード楽天カード三井住友カードマネックスカードエポスカードセゾンカード
UCカード
スケジュール毎月1日購入
当月27日支払
毎月1日購入
毎月10日頃受渡
当月27日/翌月4日支払
毎月8日購入
翌月4日支払
購入自動化月100円~50,000円月?円~50,000円月?円~50,000円月3,000円~50,000円月1,000円~50,000円
購入時ポイント還元1.00%0.50%1.00%0.10%~1.50%0.02%
商品ラインナップ
楽天証券(ハッピープログラム他)
楽天カードクレジット決済で投信積立 | 投信積立 | 投資信託 | 楽天証券

クレジットカードの楽天カードで購入することで、購入金額の1%のポイント付与を受けることができます。

この方法で獲得できる1月の上限は購入額50,000円まで500ptです。

また、楽天証券へらくらく入金、リアルタイム入金、自動入金(スイープ)で、3種×1日1回×1種3日=9回、つまり購入回数(最大9回)に応じて、楽天ポイントのランクに応じたポイント(1回あたり1-3pt)を獲得できます。

楽天証券積立設定 
☑毎月01日指定5万円楽天カード決済設定

(自動入金2~3回目、らくらく入金3回・リアルタイム入金3回)
☑毎月13日を除く日にらくらく入金で1日100円を3日間※
☑毎月13日を除く日にリアルタイム入金で1日100円を3日間※
☑毎月27日と28日指定計0.15万円以上証券口座引落し設定
※印は毎月手動で行う必要がある。

選定基準2:自動売買サービス

結論定期購入サービスと定期売却サービスがあるところがおすすめ。
どちらも対応している証券会社はSBI証券と楽天証券のみです。

チーム7%では定期定額積立て、いわゆるドルコスト平均法によって投資をしていきます。いつもお使いの銀行やクレジットカードから自動引落しの設定ができれば、一度の設定だけで便利に投資を続けることができます。毎月、投資するお金を証券会社の口座に振り込んで金融商品を購入することを考えると、買い忘れを防げてなにより楽ですね。売却するときも自動であるとよし。この設定ができるのがSBI証券と楽天証券のみです。定期売買の投資効果についてはこちらから。

Money Sence College 積立取崩関連Youtube動画一覧

定期定額購入サービス

毎月積立ては主要証券会社の全てで対応しているが、利回りのよくなりやすい毎日積立てに対応しているのは主要証券会社で「SBI証券」・「マネックス証券」・「松井証券」の3社のみです。「マネックス証券」はさらに、積立金額を日額指定と月額指定で選ぶこともできます。

SBI証券楽天証券マネックス証券auカブコム証券松井証券
毎日積立て×
毎週積立て×
毎月積立て
隔月積立て××××
複数日積立て×

定期売却サービス

定期売却サービスがある証券会社は「SBI証券」と「楽天証券」の2社のみです。「SBI証券」は隔月設定もでき年金受取のない奇数月に設定することもできます。「楽天証券」利回りのよくなりやすい定率売却に対応しています。

毎月取崩しSBI証券楽天証券マネックス証券auカブコム証券松井証券
毎月取崩し
(定率)
××××
隔月取崩し
(定率)
×××××
毎月取崩し
(定額)
×××
隔月取崩し
(定額)
××××
タイトルとURLをコピーしました