金融 finance 金融計画 financial planing

【最強の身分証明証】マイナンバーカード

金融 finance

先日、仕事の関係で住民票を取りに役所に出向きました。
なんでもネットで完結するこの時代に、決まった場所に、決まった時間に、
わざわざ取りに行かないといけない煩わしさ。お金もかかるじゃん。
しかし、その役所で待ち時間に見つけたのがマイナンバーカードのパンフレット。
魅力を感じていませんでしたが、調べてみると意外と使えそう。
今回はそんなマイナンバーカードのつくると得する4つの理由を紹介します。

マイナンバーカード公式サイトはこちら→ https://www.kojinbango-card.go.jp/

マイナンバーってそもそもなに??

マイナンバーとは、日本に住民票を有するすべての方(外国人の方も含まれます。)が持つ12桁の番号です。社会保障、税、災害対策の3分野で、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されます。

マイナンバーの役割

公平・公正な 社会の実現
所得や他の行政サービスの受給状態を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、本当に困った方にきめ細やかな支援を行うことができます。

行政の効率化
行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が
大幅に削減されます。複数の業務の間での連携が進み、作業の重複などの無駄が削減されます。

国民の利便性の向上
添付書類の削減など、行政手続きが簡素化され、国民の負担が軽減されます。行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関からの様々なサービスのお知らせを受け取ったりできます。

マイナンバーカードは身分証である。

身分証明書種別総務利用税務利用外務利用交通利用厚生利用
個人番号カード×
旅券等××××
運転免許証等××××
身体障害者手帳等××××

個人番号カード(マイナンバーカード)は個人番号(マイナンバー)が記載された身分証明書です。

身分証明書とは、本人確認をすることができる証明書であり、券面に氏名、住所、生年月日、性別、そして顔写真が表示されている必要があります。

個人番号カード(マイナンバーカード)は身分証明書であり、さらに個人番号(マイナンバー)が記載されているため、下記の総務・税務面で他の身分証明書にはないメリットを享受することができます。

さらに、今後は健康保険証や運転免許証との統合が検討されており、更なる機能が付帯される見込みであるため、これ一枚持てば事足りる最強の身分証になると言えます。

また通知カードは、マイナンバーの確認のためのみに利用することができるカードで、写真などが表示されていないため、身分証としては利用できません。

国民にとってのマイナンバーカードのメリット

コンビニで住民票等を入手できる。

従来は住民票住所の自治体で住民票等を入手しないといけませんでした。
この場合、開庁時間に合わせなければならず、また移動の手間とお金が発生します。
マイナンバーカードを使うと、コンビニで原則6時30分~23時00分、土日祝も気にせず、そして長距離の移動による手間やお金をかけずに済みます。

口座開設等オンライン本人認証でアップロード書類を少なくできる。

従来は口座開設等オンライン本人認証では、マイナンバー通知カードと免許証、免許証やパスポートを持っていない場合は、保険証・住民票・年金手帳の中からさらに2つを送信しないといけなかったりと、アップロード書類が多く必要でした。
この場合、外出などで持ち合わせてなかったら思い立った時にすぐ手続きとはいかないですよね。
マイナンバーカードを使うと、その表裏1枚の画像をアップするだけで、簡単に手続きを済ますことができます。

e-Taxで確定申告を送信できる。

これも一つ目と同じメリットではありますが、税務署に行かず確定申告ができます。
「国税庁ホームページ」の確定申告書等作成コーナーでは、画面の案内に従って金額などを入力するだけで所得税申告書等を作成できまが、令和2年1月31日(令和元年分)から、スマートフォン等からマイナンバーカードを利用したe-Tax送信のサービスが開始となる予定です。 また、マイナンバーカード対応のスマートフォン等を持ってなくても、税務署で手続きをして「ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載されたID・パスワードがあれば、e-Taxで送信できます。

ポイント還元制度

公式サイトはこちら→ https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/

2020年9月~2021年3月末で、マイナンバーカードを所有している人がキャッシュレス決済で買い物をした際にポイントを付与する制度が行われる予定です。マイキーIDを作成し、対象となるキャッシュレス決済手段に紐づけることで、20,000円の支払いで5,000円分、25%のマイナポイントの還元が受けられます。

ステップ1:マイナポイントを予約する

マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)は、必要な環境があればご自宅で行うことが行うことができます。 お住まいの自治体でもマイナポイントの予約ができるコーナーを設けている場合があります。

設定に必要な環境を準備には、スマートフォンを使う場合、マイキープラットフォームへのログインをする専用のアプリが必要です。Google PlayやApp Storeで「マイナポイント」アプリと「JPKIMobile」アプリをインストールします。ただし、スマートフォンを使う場合は、NFCに対応していることが必須ですので、HPにおいて対応機種かを確認してください。

「マイナポイント」アプリを起動します。「マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)」をクリックし、マイナンバーカードをスマートフォンで読み取ります。4桁の暗証番号を入力したら、予約完了です。

ステップ2:マイナポイントの申込

お好きなキャッシュレス決済サービスを1つ選択します。4月11日時点では、PayPayやFamiPayなどの主要なコード決済は対象となっているようです。また、J-Coin Payも対象のようなので、もしかしたら手数料無料で出金して現金化することもできるかもしれません。

ステップ3:マイナポイントを取得する

2020年9月〜 2021年3月末に申し込み時に選択した決済サービスでチャージまたは、購入すると決済事業者からポイントが付与されます。

タイトルとURLをコピーしました