健康 helth 金融 finance

【健康】ステップ4:購入方法選定についてまとめてみた

医療費

ウイルス性上気道感染症(風邪/感冒)

風邪の直接的な治療法は存在せず、罹患期間を短縮させる方法もないが、不快な症状は対症療法で緩和可能であり、イブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は治療の助けとなる。
細菌二次感染が無い場合は、抗生物質を使用せず、総合感冒薬の使用も支持されない。

ライノウイルス (30 % – 80 %)
くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどが主症状で、年齢を選ばない。

コロナウイルス (15 %)
冬に感染しやすい。SARSMERSCOVID-19症候群

インフルエンザウイルス (10 % – 15 %)
英語では “flu” とされる。風邪として扱われないことが多い。

アデノウイルス (5 %)
夏に流行。プールで感染する咽頭結膜熱(プール熱)として知られる。

パラインフルエンザウイルス
インフルエンザという名称が入っているが、インフルエンザウイルスとは別のウイルスである。 喉頭と下気道に感染しやすい。子供がかかる場合が多い。

RSウイルス
小児発症の原因病原体として最多であり、気管支炎や肺炎を起こしやすい。乳幼児は重症になる場合もある。冬の感染が多い。

エコーウイルス
エンテロウイルス下痢を起こしやすい。夏に流行する。

防災

節約上手はこう選ぶ! 防災グッズチェックリスト
地震や台風など、日本では毎年のように災害が起こっています。有事に備えて、防災グッズは一通り揃えておきたいもの。節約上手な人は、防災グッズもおトクに準備しています。人気節約インスタグラマー・もちこさんが実際に購入した防災グッズを教えていただきました。

生保料や損保料、税金

生保料や損保料、税金の支払いには還元がされなかったり、支払すらできない支払方法があります。プリペイドカードや電子マネー、QRコード決済はほとんど支払すらできず、クレジットの一部は還元の対象外になってしまいます。

P-one wiz カードは還元がされないクレジットカードの代表格です。還元率が1.495%なだけに支払えるとすごく有益なのですが、それゆえのこうした条件なのでしょうか (詳細はこちらこちらから) 。

Visa LINE Pay クレジットカードは初年度3%ポイント還元で、こちらも支払できることが期待されるのですが、50,000円を超えるものには還元がされないとされています。 ちなみに初年度3%ポイント還元の場合、50,000円以上の支払いは1,500pt獲得ですが、50,000円の支払いだと3.00%還元、120,000円の支払いだと1.25%還元、150,000円の支払いだと1.00%還元になりますので損益分岐の参考に(詳細はこちらから)。

税金に関してはコンビニ等で利用できる払込票での支払いが一般的です。この方法の場合、FamiPay×ファミマTカードやnanaco×セブンカードがそれぞれファミリーマートやセブンイレブンで使えるので、この方法が還元率がよいです。

また、国や一部地方自治体はクレジットカード支払いサイトを用意していて、手数料として最初の1万円までは76円(消費税別)、以後1万円を超えるごとに76円(消費税別)が加算、もかかりますが、消費税10%を加味して、-0.84%として考えると、1.34%以上の還元を受けれるのであれば、FamiPayやnanacoの還元率と対抗できるようになります(詳細はこちらこちらから)。

タイトルとURLをコピーしました