貯蓄金融

【貯蓄】人生設計を実現する貯蓄を考える。/ステップ1:ファイナンシャルプランニング

貯蓄

このブログのテーマは「家計管理」についてです。たまたま手にすることになった、林總著(2022)『正しい家計管理 長期プラン編』(すみれ書房)、この第一章の最初の部分は管理人の考えと全く同じ、非常に言い当てているものでした。以下に要約掲載いたします。

普通に就職し、まじめに働いてきた人が、見通しを立てなかったばかりに選択を誤り、老後破産する時代になっています。準備をしなければ貧しく、つらく、きつい生活が待っているのは怖いことです。でも本当に怖いのは、せっかく稼いだお金を、自分のために生かせないことです。身を粉にして稼いだはずのお金を、長きにわたって価値のないものに使うという人があまりにも多いと思います。

将来に問題や不安を感じると、多くの人は「節約しよう」「家計簿をつけよう」「貯金しよう」と考えます。しかしこれらは真の目的ではありません。真の目的は、自分と家族が現在も未来も幸せに暮らすこと、ただ一つこれだけです。お金はその幸せな生活を実現するための重要なツールであり、幸せそのものではありません。自分と家族が何に価値を置いているのか、どうなれば幸せなのか、それを定義するのが最初の一歩です。

真の目的を達成するために、注力するべきは節約ではなく支出価値のあるお金の使い方をよくよく考え、その価値観を実現するために家計を管理します。節約や貯金のための家計管理ではなく、満足度の高い生活のために、価値ある生活を追求することが正しい家計管理であり、拠るべき哲学なのです。

支出について改めて見直そうとするとき、マネーセンスカレッジのQGSのアイデアが非常に参考になりました。毎月の収入を4つに分類、きれいに25%ずつの比率となるバランスを理想とすることで、貯蓄投資を確保していこうという考え方です。管理人はこれをアレンジして、決まって使う固定費と自由に使う変動費、現在のために使う消費と未来のために使う投資、組み合わせて4種類の用途をバランスよく配分、そして4種類の用途をそれぞれファイナンシャルプランニング、戦略選定、商品選定、購入方法選定とステップ分ける大枠でブログページを構成しました。

固定消費固定投資変動消費変動投資
ステップ1
ファイナンシャルプランニング
税金保険貯蓄運用生活/遊行事業教育
ステップ2
戦略選定
税金/保険貯蓄/運用生活/遊行事業/教育
ステップ3
商品選定
税金/保険貯蓄/運用生活/遊行事業/教育
ステップ4
購入方法選定
税金/保険貯蓄運用生活遊行事業/教育

_

貯蓄におけるファイナンシャルプランニング、貯蓄ファイナンシャルプランニングについてみていきましょう。

〈技術別〉貯蓄ファイナンシャルプランニングの作成

固定投資とは、貯蓄と資産運用のこと。将来の基礎のためにお金を使うことを指します。

最初にファイナンシャルプランニング。収入の4分の1を固定投資に充てるようにしましょう。

その4分の1は3つの口座に順番に入れていきます。

まずは生活口座で、日常生活で使うお金を入れておき、支払いをする口座です。

振込み、ATM入出金、口座振替をよく行うことになるので、無料回数が多くかつポイントもつくスルガ銀行をお勧めします。

次に防衛口座、数年以内に必要なものや、緊急な出費のために貯めておく口座です。

普段は動かすことがないので、金利の高く、口座を複数もてるあおぞら銀行をお勧めします。

そして最後に運用口座、何年も先のもののためにお金を育てる口座です。

運用には売買時期の戦略と銘柄選択の戦略がありますが、プロでも難しいといわれる世界ですので、すべての時期にコツコツと、すべての銘柄をちょっとずつと買っていき平均点を目指すのがいいでしょう。

おまけでポイントや税制優遇のことを考えて、SBI証券でNISA口座を開設して、投資信託を積み立てることがおすすめです。

それぞれのページに詳しくまとめていきますのでぜひご覧ください。

〈目的別〉貯蓄ファイナンシャルプランニングの作成

当座貸越

当座預金の期末残高がマイナスになる時(当座借越になる時)は必ず短期借入金に振り替えてください。

一勘定制二勘定制
貸越発生時(仕入)300
  /(当座預金)300
(仕入)300
  /(当座預金)100
   (当座貸越)200
決算時(当座預金)200
 /(短期借入金)200
(当座貸越)200
 /(短期借入金)200
タイトルとURLをコピーしました